NICUレポート

NICUとは

NICUってこんなところ

NICUは、「Neonatal Intensive Care Unit」の略で、新生児集中治療室のことです。早く生まれた赤ちゃん、小さく生まれた赤ちゃん、呼吸の助けが必要な赤ちゃん、心臓などに病気がある赤ちゃんたちが治療を受けたり、元気に大きく育つための部屋です。
ここでは、新生児を専門に治療する先生や看護師たちが、24時間体制で治療やお世話をしてくれます。NICUには常に赤ちゃんの呼吸や心拍、体温を管理するための特別な機械や設備が整っていて、普通の新生児室とは別の部屋になっています。

早産児は生まれたときにからだの機能が未発達で、からだにトラブルや病気(「早産児に起こりやすい病気・トラブル」)がでてしまう可能性があります。そのため、担当の先生以外にも小児外科、眼科、脳神経外科、耳鼻科、心臓外科など、いろいろな専門の先生たちが赤ちゃんを診てくれます。

NICUの歴史

早産児や低出生体重児を含む病的新生児に対する医療は、1800年代にフランスではじまり、その後ドイツなどのヨーロッパからアメリカへと広がりました。
日本では、1901年に保育器が初めて輸入され、1921年には東京大学の育嬰室で早産児の保育が行われるようになりました。1940年代後半になると、早産児に対する医療が日本で広く行われるようになり、1950年から60年代に全国に未熟児室と呼ばれる専門の病棟や医療センターが設置されるようになってきました。

そして、1970年ごろから、もっと積極的な治療を行うための集中治療施設として、現在のようなNICUが設置されはじめてきました。また、新生児用の人工呼吸器や観察用モニタが進歩したり、医療器具などが開発されたりして、より多くの赤ちゃんの生命が助かるようになりました。
その後、NICUが全国に設置、地域化されたことで、日本の新生児の死亡率が低くなり、今では世界でもっとも低い水準を保っています。

1800年代新生児医療がフランスではじまり、ドイツ、ヨーロッパからアメリカへと広がる。
1896年東京大学に育嬰室がつくられる。
1901年日本でLionの保育器を購入。
1940年代後半日本で早産児医療が開始される(名古屋市立大学、国立岡山病院、大阪市立大学、賛育会病院など)。
1956年都立母子保健院、国立岡山病院に未熟児センター、名古屋市立大学に未熟児病棟が開設。
1960年~70年全国に未熟児室やセンターの設置、整備。
1970年NICUが設置されはじめる(聖マリア病院、日赤医療センター、聖隷浜松病院、小児病院など)。
1970年代後半~産科と新生児科が連携した周産期母子センター、母子総合医療センターの開設。新生児医療の地域化が進められる。
2000年代周産期医療体制の整備として、総合周産期母子医療センター・地域周産期母子医療センターおよび搬送体制の整備等が行われる。
2017年、全都道府県において出生1万人当たりNICU25~30床整備。
2021年4月時点では、全国で総合周産期母子医療センターとして112か所、地域周産期母子医療センターとして296か所が認定されている。

乳児と新生児の死亡率(出生1,000対)

乳児と新生児の死亡率(出生1,000対)

出典:厚生労働省:人口動態調査 (2019年)

NICUのこれから

NICUのこれから

以前は、外から入ってくる細菌などから抵抗力の弱い赤ちゃんを守る意味で、NICUでの面会はママやパパだけに限定されたり、短い時間しか会うことができませんでした。しかし、NICUにいる赤ちゃんがからだも心も元気に育つためには、生まれたときからママや家族とより多く触れ合うことが大事だということがわかってきました。
そのため、最近は24時間いつでも自由にNICUに入ることができたり、ママやパパはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんだけでなく、赤ちゃんの兄姉の面会ができたりする病院もあります。

また、ママやパパが参加する治療として、赤ちゃんを素肌で抱っこする「カンガルーケア」や、赤ちゃんをやさしくマッサージする「タッチケア」が行われています。カンガルーケアやタッチケアによって赤ちゃんと触れ合うと、赤ちゃんの心や呼吸が落ち着く効果があります。そして、ママやパパがもっている良い菌に包まれることで赤ちゃんの免疫力が上がり、感染を予防する効果があります。最近は、親子で24時間一緒に過ごせる個室を設置しているNICUもあります。

NICUは「赤ちゃんの治療の場所」として進歩してきましたが、それに加えて「赤ちゃんの発育の場所」、「家族の育児の場所」としての機能もあわせもつ場所として変わりつつあります。これからのNICUは、家族が参加する医療、家族中心の医療を提供する場所になっていきます。

Back To Top