快適・夏対策

快適・夏対策

夏のお出かけで気をつけること

日中の散歩は避けて
日中の散歩は避けて

赤ちゃんの夏のお出かけで、もっとも注意したいのが熱中症。暑さにより体温が急激に上昇して脱水症状になり、最悪の場合は死亡するケースもあります。夏のお出かけは、できれば陽射しの強い10~14時くらいを避け、朝晩の涼しい時間にしましょう。
以前は母子健康手帳に「日光浴をさせましょう」という記載がありましたが、紫外線の悪影響がわかってきたため、最近は積極的に日光に当てる必要はないといわれています。
その代わりに勧められているのが「外気浴」です。あまりに暑い日はムリに外出せず、ちょっと抱っこしてベランダに出たり窓を開けたりして外の空気に触れさせてあげるだけでも、赤ちゃんの気分はリフレッシュします。

水分補給はしっかり
水分補給はしっかり

赤ちゃんは腎臓の機能が未熟です。そのため、からだの中に水分が少なくなってもおしっこの量を調節できず、水分の排出が進んでしまいます。だから赤ちゃんは大人よりも脱水症状を起こしやすいのです。
あまり汗をかいていないようでも油断は禁物。皮膚の表面から水分が蒸発して、知らず知らずのうちに脱水が進んでいることがあります。脱水症状を防ぐために、夏場の外出時はこまめに水分を摂らせるようにしましょう。

帽子は必ずかぶせて
帽子は必ずかぶせて

日中のお出かけは、帽子を忘れずに。頭への直射日光を防いで体温上昇を防ぐだけでなく、日焼け予防にもなります。
つばが広めのものが陽射しよけには効果的ですが、麦わら帽子など固いものはベビーカーに乗ったときや抱っこしたときにジャマになることがあります。屋内に入ったときにかばんなどにすぐしまえるよう、折りたたみできるやわらかい布製のものがおすすめです。

汗をかいたらすぐ着替え
汗をかいたらすぐ着替え

赤ちゃんはとっても汗っかき。夏の日にお出かけすると、すぐ背中などにぐっしょりと汗をかいてしまいます。
汗をかいたままでいるとあせもの原因にもなるので、服が濡れるほど汗をかいていたら、できるだけ早めに着替えさせてあげましょう。そのときに濡れタオルなどでちょっと汗を拭いてあげると、あせもの予防になります。
デパートなどは冷房が強いことが多いので、汗で濡れた服のままでいるとからだが冷えてかぜをひくことがあります。冷房の強い場所に行ったら、面倒でも着替えさせるか、薄手のシャツなどを1枚着せて、からだが冷えないようにしてあげましょう。

UVケアを忘れずに
UVケアを忘れずに

日中のお出かけで注意したいのが紫外線。紫外線は皮膚がんの原因になるなどの悪影響が知られてきて、赤ちゃんのうちからのUVケアの重要性が見直されています1)
ただ、日本では日焼け止めクリームの成分の規制がなく、赤ちゃんにとっては刺激が強い成分が含まれていることがあります。皮膚の弱い赤ちゃんは日焼け止めクリームに頼らずに、「日中の外出は避ける」「帽子を活用する」などして上手に紫外線を防ぎましょう。
近ごろは、ベビーカーに取り付けられるミニサイズの日傘なども販売されています。
しかし一方で、紫外線は皮膚でのビタミンDの産生に必要です。過度に紫外線曝露を避けることは赤ちゃんのビタミンD不足およびくる病の発生につながります。特に母乳栄養児では、ときには日光浴も必要です2)

参考

  1. 日本小児皮膚科学会:「こどもの紫外線対策について-お役立ちQ&A」
    (http://jspd.umin.jp/qa/03_uv.html) [2021年5月25日確認]
  2. 大薗 恵一:厚生労働省成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「小児ビタミンD欠乏症の実態把握と発症率の推定」平成28年度報告書
上手に虫除け
上手に虫除け

赤ちゃんが蚊に刺されると、大きく腫れてしばらくしこりが残ることがあります。また、掻き壊してとびひになってしまう危険性もありますから、外出の際は虫除け対策をしっかりしたいものです。
しかし、虫除けスプレーの主な有効成分であるディートは、6か月未満の乳児には使用しない、6か月以上2歳未満では1日1回までと使用の目安が決まっています。使用する場合も、顔には使用しない、なめたりしないように気をつけなければいけません1)。虫除けスプレーやクリームは、成分を確認して使用しましょう。
蚊取り線香や蚊取りマットなど薬剤を使った虫除けは、人体に影響がないとされていますが、体質によっては目のかゆみなどの症状が出ることがあります。

赤ちゃんがいる場合は、「長袖・長ズボンを着せる」「超音波タイプの蚊除けを使う」「虫の多いところに行かない」など、なるべく薬剤に頼らない虫除け方法を選びましょう。

出典

  1. 厚生労働省:「ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について」
    (https://www.mhlw.go.jp/topics/2005/08/tp0824-1.html) [2021年5月25日確認]

夏にかかりやすい
赤ちゃんの病気

暑さで体力が落ちる夏は、
病気にかかりやすい季節でもあります。

  • 発熱(はつねつ)

    赤ちゃんは、体温調節機能が未熟なために、外気温、室温、湿度、厚着、水分不足などによる影響を受けやすく、体温が簡単に上昇します。
    せきや鼻水などのかぜにみられる症状がなければ、水分補給を十分に行い、涼しい環境にいることで、熱が下がることがあるので、様子をみましょう。

    出典

  • 熱中症(ねっちゅうしょう)

    体温を平熱に保つために汗をかき、体内の水分や塩分の減少や血液の流れが滞るなどして、体温が上昇して重要な臓器が高温にさらされたりすることにより発症する障害の総称が熱中症です1)
    大人より新陳代謝が活発で体温が高く、汗腺の未熟な赤ちゃんはもともと体温調節が苦手です。炎天下の車中など気温が上がりやすい場所では、より短時間で体温が上昇してしまい、熱中症にかかるリスクが高まります。
    また、晴れた日は地面に近いほど気温が高くなるので、ベビーカーでの外出は要注意です。
    外出時には赤ちゃんの様子に気をつけ、汗をたくさんかいているときは涼しい場所に移動してあげましょう。
    また、暑さに応じて脱ぎ着できる服装を選んだり、飲み物をこまめにあげたりして、熱中症にならないようにしてあげましょう。

    出典

    1. 環境省:「熱中症環境保健マニュアル2018」
      (https://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_manual.php) [2021年5月25日確認]
  • プール熱(咽頭結膜熱)(ぷーるねつ(いんとうけつまくねつ))

    アデノウイルスによって引き起こされる病気で、プールの水を介して伝染することが多いことからプール熱とも呼ばれています。アデノウイルスに感染すると、38~40度の熱が3~5日間続き、のどの腫れ、痛み、結膜炎が起こります。予防のために、プールから上がったらよく目と手を洗い、うがいをすることが大切です。 タオルや食器などからもうつるので、発症した家族のものとは共有しないようにしましょう。

    参考

    1. 厚生労働省:「保育所における感染症対策ガイドライン (2018年改訂版)」
      (https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf) [2021年5月25日確認]
    2. 国立感染症研究所:「咽頭結膜熱とは (2014年04月01日改訂)」
      (https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/323-pcf-intro.html) [2021年5月25日確認]
  • 手足口病(てあしくちびょう)

    その名のとおり、手足や口の中などに水泡状の発疹ができる病気です。通常は3~7日で消えます。
    原因となるウイルスが数種類あるので、一度かかってもまた感染することがあります。手足の水泡は痛みやかゆみはありませんが、口の中の水泡はしみて痛みを伴うことがあります。
    熱も37~38度とあまり高くならず、合併症の危険性も低いので比較的軽い病気ですが、気管支が弱い赤ちゃんなどは念のため受診しましょう。

    参考

  • ヘルパンギーナ

    突然39~40度の高熱が出て、のどの奥に小さな水泡ができます。水泡がつぶれると強い痛みがあるため、食欲が落ちることがあります。安静にしていれば2~3日で熱が下がり、1週間ほどで口の水泡も治りますが、熱と食欲低下による脱水症状には注意が必要です。
    のどの痛みにより水分も受け付けなくなることがあるので、脱水に対する治療が必要になる場合もあります。

    参考

  • とびひ(伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん))

    あせもや虫刺されなどを掻き壊した傷に、黄色ブドウ球菌などが感染して起こる皮膚炎です。感染力が強く、保育園や兄弟間でうつされることも少なくありません。
    できた水疱をつぶすと、菌の入った液が広がり、周りの皮膚にうつっていきます。どんどん広がっていくので、見つけたらすぐに受診するようにしましょう。兄弟にうつりやすいので、一緒にお風呂に入ったりタオルの共有などは避けるようにします。
    まれに黄色ブドウ球菌の毒素が全身に回って、発熱・皮膚の紅斑や剥離などの症状が出るブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)に進行する場合があるので、心配な場合は早めに受診します。

    参考

    1. 日本皮膚科学会:「皮膚科Q&A とびひ」
      (https://www.dermatol.or.jp/qa/qa13/index.html) [2021年5月25日確認]
    2. 厚生労働省:「保育所における感染症対策ガイドライン (2018年改訂版)」
      (https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf) [2021年5月25日確認]
  • 水いぼ(伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ))

    ウイルスによって感染する1~5mm大の小さないぼで、乳幼児期に多く見られます。
    いぼをつぶすとウイルスが入った白い汁が出て、これが感染源となります。かゆみや痛みなどの自覚症状はなく、ほとんどが自然に治りますが、皮膚科でとってもらうこともできます。

    参考

暑さを乗り切るための体調管理

上手な体温調節法や赤ちゃんの食欲が
落ちたときの対処法をご案内します。

エアコンの設定温度は?
エアコンの設定温度は?

あまり暑すぎると汗をかきすぎてしまうし、冷やしすぎるとかぜをひかせてしまうし…とエアコンの設定温度には悩まされるもの。一般に、赤ちゃんのためには外気温マイナス5度程度が目安になるといわれています。大人はちょっと暑く感じるかもしれませんが、赤ちゃんは2歳までに汗腺が発達するので、あまり汗をかかせないのもよくありません。湿度が高いと不快感を感じやすいので、除湿機などで湿度を50%ほどに下げてあげるのもいいでしょう。

扇風機、どう使う?
扇風機、どう使う?

風の当てすぎは冷えの元になるので、扇風機を使う場合は赤ちゃんのからだに直接風を当てないようにします。天井に向けて風を送るだけでも室内の空気が循環し、いくらか涼しく感じることも。
赤ちゃんは寝入ってから30分が最も汗をかきやすいので、寝入りばなだけクーラーをかけて涼しくしてあげると心地よく眠りやすいようです。

暑くても裸はNG

暑そうだからといって服を着させずにいると、汗が肌の上にとどまってしまうので、あせもなどの肌トラブルを起こしやすくなります。袖のないランニング姿や腹掛けだけで過ごすのは、一見涼しそうですが、汗をかきやすいわきの下や背中の汗を吸い取らないので、あまりおすすめできません。

暑さで食欲が落ちたら

あまりに暑いと大人でも食欲が落ちてしまうもの。赤ちゃんも気温が高い日が続くと夏バテ気味になり、食欲が低下することがあります。多少食べる量(ミルクを飲む量)が少なくなる程度で、赤ちゃんが元気にしているなら、それほど心配はいりません。
ただし、大幅な体重減少があったり、ぐったりして元気がなくなったりしているようでしたら、一度かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

食欲はなくても水分はたっぷりと
食欲はなくても水分はたっぷりと

離乳食を食べたがらなくても、脱水症状防止のために、水分はこまめに与えるようにします。冷たいもののほうが口当たりがいいため、ミルクも普段よりやや冷まして与えたほうがよく飲むことが多いようです。
冷たい飲み物を一度にたくさん与えるとお腹を壊しておう吐や下痢を招き、脱水症状を起こす危険性がありますので、少しずつ与えるのがコツです。

口当たりがよく食べやすいものを
口当たりがよく食べやすいものを

離乳食をはじめているなら、ひとつ前の段階に戻してみるのもいいでしょう。また、ゼリー寄せや冷製スープ、あんかけなど、つるりと食べやすいものだと食が進むことがあります。1歳くらいになったらアイスクリームをあげるのもいいでしょう。
アイスクリームは卵や牛乳、お砂糖などが豊富で栄養価が高く、また冷たくて口当たりがいいので、食欲が落ちているときの栄養補給にはぴったり。ただし、食べさせすぎは糖分の取りすぎや冷えにつながるので、少量にしておきましょう。

Back To Top