小児慢性特定疾病
医療費助成制度

小児慢性特定疾病医療費助成制度

小児慢性特定疾病
医療費助成制度とは

子どもを対象にした指定難病の医療費助成制度です。長期にわたり高額な治療を必要とする小児の慢性疾患において、医療費の自己負担が軽減されます。大人の難病と比べて自己負担が約半分に抑えられています。

  • 対象年齢は18歳未満です。ただし、18歳到達後も引き続き治療が必要と認められる場合には、20歳未満まで対象となります。
  • 患者さんの自己負担は総医療費の2割です。また、世帯の所得や病気の重症度に応じて、月ごとの負担額には上限(0~15,000円)が定められます。
対象疾患群
(1)悪性新生物(2)慢性腎疾患(3)慢性呼吸器疾患
(4)慢性心疾患(5)内分泌疾患(6)膠原病
(7)糖尿病(8)先天性代謝異常(9)血液疾患
(10)免疫疾患(11)神経・筋疾患(12)慢性消化器疾患
(13)染色体または遺伝子に変化を伴う症候群(14)皮膚疾患
(15)骨系統疾患(16)脈管系疾患

申請手続きの流れ

申請手続きの流れ

申請窓口申請に必要なもの
市区町村の
担当窓口または
保健福祉事務所
  • 申請書
  • 診断書(医療意見書)
  • 健康保険証
  • 住民票(世帯全員)
  • 世帯所得を確認できる書類
  • 印鑑 など
申請窓口市区町村の担当窓口または
保健福祉事務所
申請に必要なもの
  • 申請書
  • 健康保険証
  • 医療機関の領収書
  • 印鑑 など

この制度に関するさらに詳しい情報を
下記のWebサイトでご確認いただけます。

小児慢性特定疾病情報センター

参考

  • 母子衛生研究会 編:母子保健テキスト. 母子衛生研究会. 2021
    日本小児科学会社会保険委員会 編:保険診療・社会保障テキスト. 診断と治療社. 2018

Back To Top